笹川スポーツ財団は23日、東京五輪・パラリンピックのボランティアに関する調査結果を発表し、「応募した」が3・0%だった一方で「検討した」が5・6%に上り、応募者の2倍弱の「応募予備軍」が存在したと指...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)