2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、1日最大6万食を提供する選手村の食堂で、47都道府県全ての食材を利用する方針を決めたことが22日、分かった。東日本大震災の被災地をはじめ、各地の特産物...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)