2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県の、仮設住宅のアルミ建材を再利用し「東京2020 復興のモニュメント(記念碑)」3基を制作...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)