体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)の班分け抽選結果が16日に発表され、2020年東京五輪の団体総合出場枠を狙う日本女子は予選9班で、床運動からのスタートとなった。既に五輪出場を決め...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ