スポーツ庁の鈴木大地長官は1日の記者会見で、スポーツ実施率の向上などを掲げた官民連携事業について、成人の週1回以上の実施率を65%程度とする目標値を保った上で事業内容を見直す方針を示した。政府の予算...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)