2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は26日、競技会場と最寄り駅との間に計140台の防犯カメラを設置したと明らかにした。テロ警戒や雑踏事故防止などに利用するのが目的で、既存のものを合わせ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)