2020年東京五輪・パラリンピックに合わせた地域活性化に取り組む市町村の首長連合は12日、地元住民らが大会を応援する際の拠点として、全国2千カ所に「応援村」を開設する構想を発表した。パブリックビュー...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)