2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、全国の伝統工芸品と組んだ大会公式商品を制作するプロジェクトの第2弾として、京都府の西陣織の風呂敷など、秋田、福島、神奈川、石川、香川の各県と東京...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)