【ロンドン共同】自動車のF1シリーズで3度の世界王者に輝いたオーストリア出身の名ドライバー、ニキ・ラウダ氏が20日、死去した。70歳だった。AP通信などによると、ラウダ氏の家族がオーストリアのメディ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 自動車TOPへ