日本体操協会の田中光女子強化本部長は18日、NHK杯を棄権した村上茉愛(日体ク)に2020年東京五輪予選の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表入りの機会を残すため、選考基準の見直しを検...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ