2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、大会期間中に全競技会場の入場待ちの行列を仕切る金属製の柵に代わり、小学校低学年などの子どもたちが育てた花の鉢植えを並べて観客をもてなす計画を発表...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)