2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、ボランティア応募者に活動内容の説明や参加の意向、語学力を確認するオリエンテーションを福島市で開いた。応募者の一人は「大会は復興の起爆剤になってく...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)