野球の近畿学生春季リーグは11日、大阪府豊中市の豊中ローズ球場で3回戦が行われ、大工大が神戸大を4―3で下して、2勝1敗で勝ち点を4とし、1953年秋季以来、131季ぶり2度目の優勝を果たした。大工...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)