2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、宮城県利府町の複合施設で、ボランティア応募者に活動内容の説明や意向を確認するオリエンテーションを開いた。参加者の一人は、宮城県が東日本大震災の被災...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)