【ロンドン共同】国際陸連は1日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定を「歓迎する」と声明で述べ、男性ホルモンのテストステロン値が高い選手が今後、障害種目を含む400メートル~1マイルの女子種目に出場す...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)