体操の世界選手権代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は28日、群馬県の高崎アリーナで決勝が行われ、男子は20歳の谷川翔が首位だった予選との合計170・265点を出し、史上最年少優勝を飾った...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ