カーリングの混合ダブルス世界選手権は26日、ノルウェーのスタバンゲルで行われ、準々決勝でロコ・ソラーレの藤沢五月とSC軽井沢クの山口剛史が組む日本はオーストラリアのペアに5―6で敗れた。(共同)...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) カーリングTOPへ