トランポリンのワールドカップ(W杯)シリーズ第2戦は21日、ミンスクで行われ、女子個人決勝で19歳の森ひかる(金沢学院大ク)が56・000点で4位に入った。予選との合計160・340点で日本体操協会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへトランポリンTOPへ