スポーツ庁は22日、国が新たに策定し、2020年度から運用する中央競技団体の健全運営の指針「ガバナンスコード」のうち、団体の理事の在任期間を原則10年に制限する規定に限って猶予し、24年度の適用を求...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)