新体操のアジア選手権(6月・パタヤ=タイ)などの日本代表選考会第1日は20日、群馬県の高崎アリーナで行われ、個人総合前半のフープ、ボールで柴山瑠莉子が合計34・950点でトップに立った。山田愛乃(と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 新体操TOPへ