2020年東京五輪・パラリンピックに向け、ボランティア応募者に活動内容の説明や意向確認をする「オリエンテーション」が20日、札幌市を皮切りに地方都市でも始まった。7月下旬までに大会組織委が10道府県...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)