レスリング男子のトップ選手が服用したジェネリック医薬品(後発薬)に本来含まれていない禁止物質「アセタゾラミド」が混入し、ドーピング検査で陽性反応が出た問題で、スポーツ庁は12日、同様のケースで過失の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) レスリングTOPへ