スポーツ庁の鈴木大地長官は12日の定例記者会見で、13日で開幕まで500日の2020年東京パラリンピックに向けて「大会を契機に障害者スポーツを知る、見る、体験することができる環境づくりを加速させたい...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)