新体操のワールドカップ(W杯)は6日、イタリアのペーザロで行われ、団体総合で日本は合計47・100点で7位だった。個人総合でリオデジャネイロ五輪代表の皆川夏穂は合計76・250点で13位、大岩千未来...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 新体操TOPへ