【レスブリッジ(カナダ)共同】カーリング男子の世界選手権は5日、カナダのレスブリッジで1次リーグ最終戦が行われ、日本代表のコンサドーレは、ロシアを7―5で下して9勝3敗となった。スイス、カナダと並ん...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) カーリングTOPへ