2012年から7年連続でリーディングサイヤー(年間最多賞金獲得種牡馬)となっているディープインパクト(17歳)が3月末、腰の状態が悪いため種付けを中止したことが2日、分かった。残りシーズンの種付けは...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)