日本スポーツ仲裁機構(JSAA)は29日、金銭が絡んだ問題で日本バドミントン協会が昨年9月に決めた再春館製薬所元監督の今井彰宏氏と元コーチの吉冨桂子氏への処分について「著しく合理性を欠く」として取り...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ