体操で2020年東京五輪予選となる種目別ワールドカップ(W杯)シリーズ第4戦は21日、ドーハで予選後半が行われ、男子は鉄棒の宮地秀享(茗渓ク)が14・066点で6位となり8位までによる決勝に進出した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ