1964年の東京大会から全ての夏季五輪を現地観戦し、日の丸の扇を手に選手へ声援を送ってきた実業家の山田直稔さんが9日に92歳で死去していたことが18日、分かった。「五輪おじさん」の愛称で親しまれた名...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) レスリングTOPへ