国際スポーツクライミング連盟(IFSC)のマルコ・スコラリス会長(60)が15日、解釈が明確でなかった2020年東京五輪の開催国枠の扱いについて、世界選手権や五輪予選などの指定大会で出場権獲得対象の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 山岳TOPへ