【メルボルン共同】自動車レースの最高峰、F1で長年レースディレクターを務めてきた英国出身のチャーリー・ホワイティング氏が14日、肺塞栓症で死去した。66歳。国際自動車連盟(FIA)が発表した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 自動車TOPへ