【ローザンヌ(スイス)共同】世界反ドーピング機関(WADA)は13日、スイスのローザンヌでシンポジウムを開き、ガバナンス(組織統治)の健全化のため常任理事会や委員会のメンバーの任期を「最長3期9年」...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)