日本水連は10日の評議員会で、飛び込みの個人種目、シンクロ種目とも7月の世界選手権(韓国)で決勝に進んだ選手を2020年東京五輪代表とすると報告した。  個人種目は準決...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 飛び込みTOPへ