【ソフィア共同】スピードスケート・ショートトラックの世界選手権第2日は9日、ソフィアで行われ、男子の1500メートルで渡辺啓太(阪南大職)は準決勝を通過したが、決勝で失格となった。吉永一貴(中京大)...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) スピードスケートTOPへショートトラックTOPへ