飛び込み女子の19歳、板橋美波(JSS宝塚)の世界選手権(7月・光州=韓国)出場が絶望的であることが9日、分かった。日本水連の伊藤正明飛び込み委員長が、世界選手権の代表選考会となる4月の日本室内選手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 飛び込みTOPへ