【パリ共同】世界空手連盟(WKF)は6日、2024年パリ五輪の追加種目候補から空手が外れたことを受け、エスピノス会長らがパリの大会組織委員会と会談し、再検討を求めた。出席したWKFの奈蔵稔久事務総長...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 空手TOPへ