2020年東京五輪の聖火リレーの前に、聖火を東日本大震災で甚大な被害を受けた東北3県で「復興の火」として巡回展示する計画で、岩手県では沿岸部の第三セクター三陸鉄道(同県宮古市)を活用して火を運び、沿...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)