スポーツ庁の鈴木大地長官は28日、スポーツ界の不祥事対策として、新たに国が策定する競技団体の健全運営の指針「ガバナンスコード」に、役員の任期や再任回数などの制限を盛り込む必要があるとの考えを示した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)