【ジュネーブ共同】ドイツの独禁当局、連邦カルテル庁は27日、国際オリンピック委員会(IOC)が五輪期間中に選手の宣伝を目的とした商業活動を制限している五輪憲章を「広範囲で行き過ぎだ」として、同国選手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)