東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した岩手、宮城、福島3県の42市町村長の半数が、2020年東京五輪・パラリンピックで掲げられた「復興五輪」の理念について、十分に浸透していないと感じている...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)