2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は15日、当初計画の91億円から130億円に上限を引き上げた開閉会式の費用について、原則的に組織委と東京都で分担することになるとの見通し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)