【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は13日、北朝鮮の反ドーピング機関を国際基準の規定を順守していない「不適格組織」に認定したと発表した。昨年9月の常任理事会で検査態勢の不備を指摘して...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)