2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、競技会場や選手村の警備に赤外線センサーなどと監視カメラを統合した最新の映像監視システムを採用することが8日、分かった。一部の警備員には現場の生の映像を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)