東京都は7日、2020年東京五輪・パラリンピックに、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の東北3県と16年に熊本地震に見舞われた熊本県の子どもたちを招待する方針を明らかにした。大会の開催...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)