【ジュネーブ共同】国際陸連は6日、五輪や世界選手権などの競歩の実施種目を、現行の50キロと20キロから30キロと10キロに短縮する案を3月の理事会に諮ると発表した。歩型違反を判定する靴底の電子チップ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)