【パークシティー(米ユタ州)共同】スノーボードの世界選手権は6日、米ユタ州パークシティーでハーフパイプ(HP)の予選が行われ、男子は平昌冬季五輪代表で17歳の戸塚優斗が86・50点で1位通過した。2...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)