2020年東京五輪・パラリンピックに東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の東北3県の子どもを招待する方針が固まったことが6日、分かった。開催理念に掲げる「復興五輪」の新たな取り組みの一つ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)