日本スケート連盟は30日、昨年2月の平昌冬季五輪でのドーピング検査で陽性反応を示したスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手(22)について、国際スケート連盟の科す処分が資格停止期...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)