国際陸連が2021年以降の国際大会で実施する競歩の種目について、50キロを30キロに、20キロを10キロに短縮する方向で検討していることが26日、関係者への取材で分かった。各国・地域の陸連担当者に検...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)