バドミントンのインドネシア・マスターズは24日、ジャカルタで各種目の2回戦が行われ、シングルスは男子の桃田賢斗(NTT東日本)が準々決勝に進出し、女子の山口茜(再春館製薬所)は敗退した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ